きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
むかーしからあったとんかつ屋さん。
もう十数年前からその店構えだけは知ってたとんかつ屋さん。
通りすがるだけで、一度も入ったことが無かった。


行ってみましたよ。でっかいピンクのブタちゃんがおわしますその店内へ潜入。その名も「とんかつさんきゅう」。

町の定食屋さんと言う風情で、こじんまりした作りです。
カウンターがあり、テーブル席が3つほど、座敷に3テーブルほど。

常にニコニコを称えたご主人が、楽しそうにとんかつを揚げています。改装はしていると思うのですが、お店自体は割りと古いはず。でも、厨房はぴっかぴか。脂ぎったところはありません。

出てくるとんかつは、これはもう絶品です。
自家製のしっかりとパンの味がする荒めのパン粉が、さくさくと軽く油っぽさとは無縁。お肉は、はっとするくらい柔らかくて、じわーっと肉汁があふれてきます。自家製ソースも、甘すぎずあっさりと、でもコクのある味わいで、濃厚な肉汁の味が消されずうまく絡みます。

それほどボリュームのあるものは食べられないかなあと言う体調だったのに、思わず完食。連れは、まろんが舐めたのか?と思うほどお皿をぴかぴかにしていました。

ご飯もお味噌汁もほっとする味わい。思わず無言でむさぼると言う風景がどの座席でも見られます(笑)。

狭い厨房の中で、生き生きと仕事をしているご主人たちの、誠実で無欲な仕事ぶりがこの味を作っているんだろうなあ。
ちなみにブタグッズがお店のあちこちに潜んでいてかわいい。レジ付近に置いてあるお店のマッチにもブタちゃんが描かれていてかわいいのです。

百貨店に出店しているような半端なとんかつ屋さんと、同レベルの価格でも、味はさんきゅうが数段上。気の知れた仲間と、がっつりおいしいもの食べたいなって時にはベストです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。