きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
清らかに両親の手を旅立てりおとぎ話の姫のごとくに

末席に花嫁の父は背を伸ばし「泣かない」つもりでうつむいてみる


会社の後輩の披露宴に行ってきました。
この年齢になると、友達の結婚はもう少なくなってくるので、結構久々です。彼女ももうそんな年頃になったんだなあと、なんだか感慨深いものがありました。何せ、高校生の彼女を知ってるくらいなものですから

とても良い宴でした。贅沢することなく、二人で作り上げたという感じで、そうかといって物足りないところのない、感動的なものでした。

「お父さん、お嫁に行っちゃってごめんね」
両親への手紙の中で、新婦がそう読み上げたとき、思わず笑って、そして泣いてしまいました。彼女のお父さんが、どれだけ娘をかわいがっていたか、よく知っていましたから。
そしてお母さんは、本当に明るくて強い人でした。娘の旅立ちを感動の涙で見守りながらも、娘と二人で撮影されるときにはピースサインを決めてみせ、関係者へのご挨拶を夫を支えつつきちんと行い、常に優しい微笑を忘れない人でした。
彼女が「お母さんは私の目標」と言っていましたが、本当に目標にされるべき方だなあと実感。

「お父さんのダイヤモンドだよ」
と、言って育てられたという彼女。
何でもお母さんに話し、友達のようにどこへでも一緒に出かけたという彼女。
お金持ちじゃなかったけれど、家族四人で仲良くたくさんの思い出を作ってきたという彼女。
すごく、うらやましかったです。こんな風に育ったからこそ、明るくて思いやりのある女性になったんだなあと思います。
家族に愛されて育つって本当は普通のことなんでしょうね。だけど、私を含めて、その普通のことが出来ない人も居ます。
家族に愛がある。その普通のことが、どの家庭にもまんべんなく訪れたなら、世の中の不幸な出来事は激減するんだろうなと、考えてしまいました。

それと、友人たちが本当に二人の結婚を喜んでいたことにも、二人の人柄を感じて心があたたまりました。
新郎の友人が男泣きに泣いてるところがほほえましかったです。

花嫁が手紙を読み終えたとき、花嫁の父は泣きながらピースサインを出して見せました。そして、花束贈呈の場面では、思わず娘を抱きしめていました。

これから先もきっと、二人と二家族は、きっと幸せに、過ごしていくに違いないと思える披露宴でした。
スポンサーサイト
901


ほらっ、かわいいでしょ?
とびっきりかわいいでしょ?
なんでも似合うでしょ??


お友達がプレゼントしてくださったんですよ!
あと1着と、チョーカーもあったんですけど、まろんが暴れて撮影不能。

でも、もうご機嫌ですよ(人も犬も)。

最近とみに抜け毛が多くなってきたまろん。一年中抜け毛はあるのですが、たまにひどくなるときがあって恐らくそれが換毛期なんでしょうね。
なので、お洋服はかわいいものをうまく着せて外出したい。
その矢先のプレゼント。嬉しいです。

シエマーさん、ありがとうございました!大切に使います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。