きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9月末で退職します。
引継ぎでバタバタしておりまして、たっぷり残った有給は消化できそうにありません。まあ、やっぱり立つ鳥は後を濁しちゃ気持ち悪いですから、仕方が無いかな。

でも、気持ち的には、もう、次へ行っているというか、仕事のことはあんまり頭に無いのです。お客様と向かい合っていると、どうしても後任のアラが目について、イライラとしていまいますが、それ以外は、とにかく挨拶状と手紙、そしてその後のことを考えている日々。
膨大な挨拶状は、やっと今日準備が終わりました。10月に入ってからでも良かったのですが、9月末日に届くのが一番かなあと思って、何とか今週末には終わらせておきたかったのです。ちょっとほっとしてます。

生活が変わるんだ、という緊張感からか、ちょいとパニック障害が顔を出しています。いけないなあ。

仕事に未練は無いのですが、出会った方たちとお会いする機会がなくなると思うと寂しいものがあります。
そりゃ中には、もう二度と顔を見なくていいと思うとせいせいするって人もいるんですけど、でも、会えなくなるとすごーく寂しいって思う人もたくさんいます。

その中の一人に、年下の男の子くんが居ます(なんだかいやらしい言い方)。彼は大阪にいるので、普段でも直接会うことは稀だったんですが、仕事のつながりがなくなれば、電話すらできなくなっちゃいますから。いや、電話だってそう頻繁にしてたわけじゃないけど。

見た目はちょっとちゃらい子ですが、仕事がものすごく出来て、気配りが出来る子です。突っかかるような喋り方をするので、なんともやんちゃな感じがするのですが、よく聞いていると、自分が納得できないうちは、食い下がっているだけのこと。納得をすれば、ふん、って感じで黙ってしまいます。
会議中は、終始人を睨みつけるようにして、つっけんどんな言い方もしたりしますが、お客様に対しては丁寧だし、ひとたび会議室を出ると、みんなの為にドアを開けて待っていたり、気配りをきちんとしています。
打ち合わせ中に、「何か困っていることとか何でもいいから聞かせて下さい」といったら、次々に質問が出てきて、私も次々に答えていって、なんだか二人だけで喋っているような感じになってきて、まあでも納得してもらうためだからいいか、と、「あとは?何かないですか」と、聞いたらば、んー、と考え込みながら、やがて人差し指で目尻の辺りをきゅーっと下へ引っ張ってあかんべみたいなことをやりました。今まできゅっと結んでいた口元は笑っていて、思わずかわいくてこっちまで笑いそうだったのですが、こらえていると、指を離してにっこり笑い、「僕らに何か要望とかはありませんか」と、言ったのでした。
「いつも良くやっていただいてますから、要望なんて無いですよ」と、笑うと、にこっとして、じゃあ会議は終了、みたいな顔で伸びをしていました。

引継ぎの挨拶に行ったとき、彼はほとんどこちらを見ていなくて、あまり会話もないままだったのですが(そして表情もなんだか強張ってて、機嫌悪いのかなあと思ったのですが)、最後、エレベータを降りたホールで、後ろから突然呼び止められました。そして、封筒を差し出しました。
「これ、僕らの気持ちなんで」
と、にっこりしながら。
「え、何これ、請求書?」
思わずなんか言わなくちゃと、そんな風に言うと、
「うんうん、そう、請求書だから受け取ってください」
と、封筒を押し付けてくる彼。
「いや、え、え、いいですよー、そんな、だって辞めて行く人間なんだから」
と、手を振って遮ったのですが、
「気持ちですから」
と、言って引きません。なので、受け取らせてもらいました。
彼は、
「寂しいです」
と、言ってくれました。やっと、笑顔の彼を見られて、すごくほっとしながら、帰りの電車のこともあって、ばたばたと別れていきました。

封筒の中には過分なお餞別が入っていて、参ったなあと思いながら、御礼のメールを入れました。すると、彼にしては珍しく、長文の返信が来たのでした。

「辞められると聞いたときはとても驚いて、そして、同時にとても寂しかったです」「こちらの勝手な意見を、全部受け止めていただいて嬉しかった」といった事が書かれていました。
ああ、誠意って伝わるんだなあと、ちょっと嬉しかったです。

結構な年下君だけれど、一度遊びたかったな、と、残念に思っていたりします。彼と会うときは、本当に仕事モードで、気合入れて喋ることばかりで、気を抜いた会話をしたことなんてなかったから。

んー。
そうだな。
9月中にもう一度会えると信じよう。
きっと、会える。
そしたら、仕事の話も、プライベートの話も、たくさんしよう。
そして少し驚かせてやろう。

恋とは違う、かわいい弟みたいな気持ち、なのかな。
あれ、それとも恋なんですか、これは(笑)。
こっちは良くても(良いのかよ)、向こうがおばちゃん相手じゃかわいそうなので、恋には発展しそうもないけれど、でも、ずーっと連絡を途絶えさせたくない相手、なのです。
スポンサーサイト
清らかに両親の手を旅立てりおとぎ話の姫のごとくに

末席に花嫁の父は背を伸ばし「泣かない」つもりでうつむいてみる


会社の後輩の披露宴に行ってきました。
この年齢になると、友達の結婚はもう少なくなってくるので、結構久々です。彼女ももうそんな年頃になったんだなあと、なんだか感慨深いものがありました。何せ、高校生の彼女を知ってるくらいなものですから

とても良い宴でした。贅沢することなく、二人で作り上げたという感じで、そうかといって物足りないところのない、感動的なものでした。

「お父さん、お嫁に行っちゃってごめんね」
両親への手紙の中で、新婦がそう読み上げたとき、思わず笑って、そして泣いてしまいました。彼女のお父さんが、どれだけ娘をかわいがっていたか、よく知っていましたから。
そしてお母さんは、本当に明るくて強い人でした。娘の旅立ちを感動の涙で見守りながらも、娘と二人で撮影されるときにはピースサインを決めてみせ、関係者へのご挨拶を夫を支えつつきちんと行い、常に優しい微笑を忘れない人でした。
彼女が「お母さんは私の目標」と言っていましたが、本当に目標にされるべき方だなあと実感。

「お父さんのダイヤモンドだよ」
と、言って育てられたという彼女。
何でもお母さんに話し、友達のようにどこへでも一緒に出かけたという彼女。
お金持ちじゃなかったけれど、家族四人で仲良くたくさんの思い出を作ってきたという彼女。
すごく、うらやましかったです。こんな風に育ったからこそ、明るくて思いやりのある女性になったんだなあと思います。
家族に愛されて育つって本当は普通のことなんでしょうね。だけど、私を含めて、その普通のことが出来ない人も居ます。
家族に愛がある。その普通のことが、どの家庭にもまんべんなく訪れたなら、世の中の不幸な出来事は激減するんだろうなと、考えてしまいました。

それと、友人たちが本当に二人の結婚を喜んでいたことにも、二人の人柄を感じて心があたたまりました。
新郎の友人が男泣きに泣いてるところがほほえましかったです。

花嫁が手紙を読み終えたとき、花嫁の父は泣きながらピースサインを出して見せました。そして、花束贈呈の場面では、思わず娘を抱きしめていました。

これから先もきっと、二人と二家族は、きっと幸せに、過ごしていくに違いないと思える披露宴でした。
901


ほらっ、かわいいでしょ?
とびっきりかわいいでしょ?
なんでも似合うでしょ??


お友達がプレゼントしてくださったんですよ!
あと1着と、チョーカーもあったんですけど、まろんが暴れて撮影不能。

でも、もうご機嫌ですよ(人も犬も)。

最近とみに抜け毛が多くなってきたまろん。一年中抜け毛はあるのですが、たまにひどくなるときがあって恐らくそれが換毛期なんでしょうね。
なので、お洋服はかわいいものをうまく着せて外出したい。
その矢先のプレゼント。嬉しいです。

シエマーさん、ありがとうございました!大切に使います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。