きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
またまた行ってきました。鼎に行かずに帰れない福岡の旅。

今回は金曜日の20時前に行った為、ちょいと混んでおりました。最初はテーブル席での合い席で、途中からカウンターへ移動。
テーブル席は初めて座ったのですが、石を敷き詰めた平らなお皿があって、店員さんが運んできた串揚げはそのお皿の上に置かれます。石は熱く熱してあるので、温度が下がらないと言うこと。
カウンター席の場合は、もう揚げたてが目の前のお皿にぽんぽん乗せられていくのですけど、テーブルだと、運ばれてくるのにちょっとタイムラグが生じるからああいう風にしてあるのかなあと思います。

いつもの通りおまかせコース。おなじみのアスパラでスタート。
やっぱりすごい、鼎の串揚げ。
油っぽさはみじんもない、いい香りのするうすーい衣と、絶妙な火通しの素材。そしてやっぱり創意工夫を忘れない店長。
毎回同じ素材ってことは絶対無くて、旬のものが出てくるのは勿論、手間をかけたオリジナルな素材もあります。
「ちょっとうにっぽいんですけどね。なんだか当ててください」
と、店長が言って出してきたのは、四角い揚げ物。一口かじって中を見ると、確かにうにのようなオレンジ色が顔を出します。でも、うにじゃない。一同思わず首をひねる。
「んー。なんかはんぺんっぽい?」
と、私が言うと、店長は
「ああ、近い、ホタテ使ってます。でもメインじゃないですよ。つなぎです」
と。結局それは、ホタテのすり身とにんじんのすり身をあわせたものだったのですが、驚いたのは味付けをしていないと言うこと。私、この串は調味料を使わずにいただいたのですが、ほんのりと甘くちょっと塩味も感じるような、実に味わい深いものだったのです。
「にんじんの甘みだけなんですよ。とれたてのいいにんじんは、糖度が果物並みなんでね、そのまま味わってもらおうと思って」
と、ニコニコ語る店長。

そのほかオクラの花なんていう変り種もありました。オクラ独特のねばねばもちゃんとあるんですよ。
この前行ったときにノックアウトされた林檎も出てきて嬉しかった。

で、日本酒も頂かなくちゃ、と、店長に声をかけると、
「はい、辛口の純米酒、三千盛(みつさかり)」
と、出てきました。吟醸は割りと出ているみたいですが、純米はちょいと珍しいらしく、純米の方がお値段もいいんだそうです。
でも純米とは言いながら、すっきりとした飲み口で、いい香りのする美味しいお酒でした。店長の趣味も、辛口で香りのいいものだそうです。しかも昔は焼酎は嫌いだったとか。九州男児が焼酎嫌い?って思いましたが、焼酎が流行りだしたのはそう昔の話でもなく、しかも最初はそんなに種類もなくて、「くさくて飲めないと思った」とのこと。
私も焼酎は苦手なので、その気持ちよく分かります。
ただ、やっぱりよく出るのは焼酎なので、日本酒はあまり数を置けないそうです。なので、常時2?3種類を置くようにして、銘柄は自分で気に入ったものを選んでいるとのこと。

さて、最後にデザート揚げ、何か作って欲しいと言ったら、
「バナナと、あと研究中なんですけど、夏みかんがありますよ」
と。夏みかん?そりゃいかなきゃでしょ、ということでオーダー。
「サバランってお菓子ありますでしょ?あれを意識してね、作ってるんですよ」
と、話しながらの手元は、はちみつとシェリー酒を、夏みかんに振りかけてます。
ガラスの小さなグラスに差し込まれた夏みかんの串揚げ、口に入れると、はちみつとシェリーのシロップがじわんと広がります。衣がちょっとしっとりして、確かにサバラン風。甘いのだけど、素材の夏みかんは冷たいので、全然しつこくない。夏みかんは、冷凍した状態から揚げて、三分の二くらい解凍された感じに仕上げてるんですよ。だから衣の甘くてあったかくてふわんとした感触と、夏みかんの冷たくてしゃきっとした感触が絶妙マッチします。
「これ、お酒駄目な人は食べられないと思うんですけどね」
と、店長。連れも一口食べて、
「えっ、アルコール結構きついよねえ?」
と、言っていたのだけれど、私はあまり気にならなかった。
「こちらのお客さんだからと思って、ちょっと多めにシェリー酒入れましたから」
と、私を指して言う店長。どういう意味じゃ。

ちなみに林檎のソテーにもシェリー酒使っているそうです。色々工夫してるんだなあ。

とにかく研究熱心、博識で、明るくて、謙虚な店長。この店長だからこそ、この店の味が出せるんでしょうね。
お土産を持ち帰ったお客さんを見たけど、気持ちはすごく分かる反面、やっぱ揚げたてを、店長の笑顔と明るい声に包まれていただくのがいいんだろうなと思います。

帰りにあらためて名刺を頂いたら、「蒸し揚げの店」って書いてありました。単なる揚げ物じゃなくて、高温短時間で揚げるから、蒸した状態で油っけはないって、以前言ってたっけ。

翌日胃もたれしないわけが、あらためて分かった気がします。
店長さん、美味しい幸せ、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。