きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こういうのあなたの胸にもあるでしょう 焼き付けられたくちびるのあと

風がくる私の髪を乱そうと散ればいいのに私はさくら

ここまでは手すりにつかまり生きてきたここから先は目隠しの日々

後ろから縛られたまま堕とされる私の奥で散らばる無情

かき集め寂しい女を演じたら笑うことさえ今では平気
スポンサーサイト
アルケミスト、と言う二人組みユニットが居ます。

ボーカルとピアノと言うシンプルなユニットで、CDもフルアルバムを数枚出しています。

彼らを知ったのは本当に偶然。それもごく最近の話です。

とあるアウトレットモールへ、連れとまろん同行で出かけて行ったのですが、着いたとたん聞こえてきた稀有な歌声。
柔らかく透明な声と、それにぴったり寄り添うピアノの音は、思わず振り向かずにはいられない魅力がありました。
そりゃもう、素人のバンドの音とは全く違いました。

到着したばかりだったので、後ろ髪引かれつつ、お買い物へ突入したのですが、ひと段落したところで、またあの歌声が聞こえてきたのです。

連れとまろんを引きずって音の鳴る方へ近づいていくと、彼らが居ました。ボイスパーカッションを加えて3人で演奏しておりました(余談ですが、このボイパー君、イケメンでございます)。

なんと言うのか、その歌詞の世界は、まっすぐで美しいものだけを目に映して生きてきたと言うような透明感にあふれていました。そこにぴったりとはまる優しいメロディラインを、天使のような声で歌う男の子(いや、立派な成年男子なんですが、そう呼びたい雰囲気があるのですよ)。
やんわりとした音の世界を、ぴりっと引き締めてリードするのは、力強く優しいピアノの音。

思わず立ち尽くして、じっと終わりまでそのライブを鑑賞いたしました。途中まろんが飽きてうろうろし始めましたが、我慢してもらいました(ごめんね)。

それ以来、何度か彼らのライブを目にする機会がありました。観客からお題をもらって、それをテーマに即興で歌を作ると言うコーナーがありますが、圧巻です。でも、そもそも音楽って、こんな風にジャムりながら作っていくのが一番楽しいんだろうなって、その原点を見せてもらっている気がします。彼らのはお客を巻き込んだジャム。

何にでもすぐ興味を示すまろん、音の鳴るほうを見つめて首をかしげているのがおかしいです。こういうオープンスペースでのライブは、わんこも一緒に居られるのが嬉しい。わんこサイドとしては特に興味も無いんだろうけど、でも、ライブハウスやホールへ行こうと思ったら、まろんにはお留守番してもらわなきゃいけない。ただでさえ普段お留守番が多いのに、お休みの日までお留守番させるのは、気がひけるのです。
音の良し悪しにこだわるなら、屋外よりもホールなんだろうけども、みんなで楽しみたい!って思う人には、こういう場所が嬉しいものです。

ご本人たちにしてみれば、やっぱり大メジャーになることが大切だと思うんだけど、ビッグになって欲しいとかそういう感覚よりも、とにかく彼らの音楽に触れると、さらりと力が抜けていくのが気持ちいい、って感じです。わんこの背中を撫でながら、春の日差しを受けてゆっくりと深呼吸していたくなる、そういう音楽なのです。

彼らのHPはこちら。

http://www.voicerecords.net/alchemist/



むかーしからあったとんかつ屋さん。
もう十数年前からその店構えだけは知ってたとんかつ屋さん。
通りすがるだけで、一度も入ったことが無かった。


行ってみましたよ。でっかいピンクのブタちゃんがおわしますその店内へ潜入。その名も「とんかつさんきゅう」。

町の定食屋さんと言う風情で、こじんまりした作りです。
カウンターがあり、テーブル席が3つほど、座敷に3テーブルほど。

常にニコニコを称えたご主人が、楽しそうにとんかつを揚げています。改装はしていると思うのですが、お店自体は割りと古いはず。でも、厨房はぴっかぴか。脂ぎったところはありません。

出てくるとんかつは、これはもう絶品です。
自家製のしっかりとパンの味がする荒めのパン粉が、さくさくと軽く油っぽさとは無縁。お肉は、はっとするくらい柔らかくて、じわーっと肉汁があふれてきます。自家製ソースも、甘すぎずあっさりと、でもコクのある味わいで、濃厚な肉汁の味が消されずうまく絡みます。

それほどボリュームのあるものは食べられないかなあと言う体調だったのに、思わず完食。連れは、まろんが舐めたのか?と思うほどお皿をぴかぴかにしていました。

ご飯もお味噌汁もほっとする味わい。思わず無言でむさぼると言う風景がどの座席でも見られます(笑)。

狭い厨房の中で、生き生きと仕事をしているご主人たちの、誠実で無欲な仕事ぶりがこの味を作っているんだろうなあ。
ちなみにブタグッズがお店のあちこちに潜んでいてかわいい。レジ付近に置いてあるお店のマッチにもブタちゃんが描かれていてかわいいのです。

百貨店に出店しているような半端なとんかつ屋さんと、同レベルの価格でも、味はさんきゅうが数段上。気の知れた仲間と、がっつりおいしいもの食べたいなって時にはベストです。
愛犬との生活を中心に、日常を書き連ねようと思ってます。
長続きしないんだけど、いつも。

今ぞっこんなのは、キャバリアのまろん。20060216_1153_0000.jpg


♀1歳。まだまだ子供子供してますが、1歳だからなのか、キャバリアだからなのか、今ひとつ判然としません。

キャバリアが飼いやすいというのは定説ですが、まじで飼いやすいのですね。その性格において、こんな楽な犬は居ません。

2ヶ月そこそこで我が家へやってきたまろん、環境が変わってご飯を食べなくなるだとか、夜鳴きするだとか、体調を崩すだとか言うことは皆無でございました。そういう繊細さは持ち合わせていないようです。

やって来て早々、しっぽをぶんぶん振り回しながら部屋中を探検して、楽しそうに人間にじゃれつき、ケージへ入れても、寂しそうなお顔はするものの、吠えちゃったりはしませんでした。
勿論最初から今に至るまで、ご飯はもりもり食べており、一度として「食べたくない」と言う態度を示したことはありません。

また留守にしがちな我が家、まろんはお留守番の時間が長いのですが、ケージに入って人間がお出かけの準備を始めると、自分は行けないのだと分かって、うらめしそうに睨んだりはするのですが、暴れたり吠え付いたりと言うことはまるでありません。
「わん!」と、吠える声をほとんど聞いたことがなく、足を踏んだとかそういうときに「きゃん(>(ェ)<)」なんて言うくらいです。

また、誰にでもフレンドリーで、お散歩中は通りすがりの人に必ず目を合わせに行きます。飼い主的には恥ずかしいのですが、しっぽふりふり顔を覗き込んできた犬に敵意を持つ人はあまりおらず、にっこりしてくださる方が多い。そうするとまろんは調子づき、
「あっ、今まろんのこと見たでしょ?見たでしょ?かわいいって言ったでしょ?まろんのこと好きなんでしょ???!」
とばかりに、その人に飛びつこうとするからさあ大変。飼い主は暴れ馬を操らんと、リードを持つ手に力が入ります。
相手が犬であっても、必ずにじり寄っていって挨拶をしようとします。但しここでは何故かびびりが入り、腹ばいになってこれ以上無いくらい低い姿勢でにじり寄るのです。もう最初っから無条件降伏状態でいくので、喧嘩にはならないものの、あまりの卑屈さにまたも恥ずかしい飼い主。
まあとにかく誰にでも友好的という性格は、ありがたいものです。よく「優しいお顔ねえ。キャバリアは優しいわねえ」と、言われるのですが、本当にそうだなあと思います。

飼いやすさの点でもし不満が出るとしたら、抜け毛の多さくらい?これはたまらん。抱っこしただけで、服がまろん毛だらけ。部屋も掃除しないといつの間にかまろん毛がほこりのようにあちこちに点在。
キャバを飼う者にとっての宿命なので、出かける前に必ずコロコロテープで洋服についたまろん毛を撤収いたします。

勿論個体差ってのはどんな動物にでもあるもので、お外で出会うキャバちゃんの中には、わんわん吠えまくったり、敵意をあらわにしたり、食が細かったりする子は居ます。成長の過程で色んな要素が加わるのでしょうか、素材としては、おとなしくて明るくて健康で誰にでもフレンドリー、と言うところは変わらないと思います。

これからもずーっと、無邪気でかわいいまろんで居て欲しいなあ。柔らかな胸毛をわさわさ撫でながら、飼い主は癒されるのでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。