きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9月末で退職します。
引継ぎでバタバタしておりまして、たっぷり残った有給は消化できそうにありません。まあ、やっぱり立つ鳥は後を濁しちゃ気持ち悪いですから、仕方が無いかな。

でも、気持ち的には、もう、次へ行っているというか、仕事のことはあんまり頭に無いのです。お客様と向かい合っていると、どうしても後任のアラが目について、イライラとしていまいますが、それ以外は、とにかく挨拶状と手紙、そしてその後のことを考えている日々。
膨大な挨拶状は、やっと今日準備が終わりました。10月に入ってからでも良かったのですが、9月末日に届くのが一番かなあと思って、何とか今週末には終わらせておきたかったのです。ちょっとほっとしてます。

生活が変わるんだ、という緊張感からか、ちょいとパニック障害が顔を出しています。いけないなあ。

仕事に未練は無いのですが、出会った方たちとお会いする機会がなくなると思うと寂しいものがあります。
そりゃ中には、もう二度と顔を見なくていいと思うとせいせいするって人もいるんですけど、でも、会えなくなるとすごーく寂しいって思う人もたくさんいます。

その中の一人に、年下の男の子くんが居ます(なんだかいやらしい言い方)。彼は大阪にいるので、普段でも直接会うことは稀だったんですが、仕事のつながりがなくなれば、電話すらできなくなっちゃいますから。いや、電話だってそう頻繁にしてたわけじゃないけど。

見た目はちょっとちゃらい子ですが、仕事がものすごく出来て、気配りが出来る子です。突っかかるような喋り方をするので、なんともやんちゃな感じがするのですが、よく聞いていると、自分が納得できないうちは、食い下がっているだけのこと。納得をすれば、ふん、って感じで黙ってしまいます。
会議中は、終始人を睨みつけるようにして、つっけんどんな言い方もしたりしますが、お客様に対しては丁寧だし、ひとたび会議室を出ると、みんなの為にドアを開けて待っていたり、気配りをきちんとしています。
打ち合わせ中に、「何か困っていることとか何でもいいから聞かせて下さい」といったら、次々に質問が出てきて、私も次々に答えていって、なんだか二人だけで喋っているような感じになってきて、まあでも納得してもらうためだからいいか、と、「あとは?何かないですか」と、聞いたらば、んー、と考え込みながら、やがて人差し指で目尻の辺りをきゅーっと下へ引っ張ってあかんべみたいなことをやりました。今まできゅっと結んでいた口元は笑っていて、思わずかわいくてこっちまで笑いそうだったのですが、こらえていると、指を離してにっこり笑い、「僕らに何か要望とかはありませんか」と、言ったのでした。
「いつも良くやっていただいてますから、要望なんて無いですよ」と、笑うと、にこっとして、じゃあ会議は終了、みたいな顔で伸びをしていました。

引継ぎの挨拶に行ったとき、彼はほとんどこちらを見ていなくて、あまり会話もないままだったのですが(そして表情もなんだか強張ってて、機嫌悪いのかなあと思ったのですが)、最後、エレベータを降りたホールで、後ろから突然呼び止められました。そして、封筒を差し出しました。
「これ、僕らの気持ちなんで」
と、にっこりしながら。
「え、何これ、請求書?」
思わずなんか言わなくちゃと、そんな風に言うと、
「うんうん、そう、請求書だから受け取ってください」
と、封筒を押し付けてくる彼。
「いや、え、え、いいですよー、そんな、だって辞めて行く人間なんだから」
と、手を振って遮ったのですが、
「気持ちですから」
と、言って引きません。なので、受け取らせてもらいました。
彼は、
「寂しいです」
と、言ってくれました。やっと、笑顔の彼を見られて、すごくほっとしながら、帰りの電車のこともあって、ばたばたと別れていきました。

封筒の中には過分なお餞別が入っていて、参ったなあと思いながら、御礼のメールを入れました。すると、彼にしては珍しく、長文の返信が来たのでした。

「辞められると聞いたときはとても驚いて、そして、同時にとても寂しかったです」「こちらの勝手な意見を、全部受け止めていただいて嬉しかった」といった事が書かれていました。
ああ、誠意って伝わるんだなあと、ちょっと嬉しかったです。

結構な年下君だけれど、一度遊びたかったな、と、残念に思っていたりします。彼と会うときは、本当に仕事モードで、気合入れて喋ることばかりで、気を抜いた会話をしたことなんてなかったから。

んー。
そうだな。
9月中にもう一度会えると信じよう。
きっと、会える。
そしたら、仕事の話も、プライベートの話も、たくさんしよう。
そして少し驚かせてやろう。

恋とは違う、かわいい弟みたいな気持ち、なのかな。
あれ、それとも恋なんですか、これは(笑)。
こっちは良くても(良いのかよ)、向こうがおばちゃん相手じゃかわいそうなので、恋には発展しそうもないけれど、でも、ずーっと連絡を途絶えさせたくない相手、なのです。
スポンサーサイト
動物好きなら知っている、カドリードミニオンのパンくんと宮沢さん。っていうか、さくらちゃんと宮沢さんとか、モモちゃんと宮沢さん、って、どんどん進化してきたわけですが。

まあパンくんやジェームスに会いたくても、そう簡単に熊本まで飛んではいけないので、今回は待ちに待ったカドリードミニオンかも?

私、結構阿蘇って好きなんですよ。美しい場所です。草千里に馬糞や牛糞が落ちててもまあ許しますよ。

でも今回はカドリードミニオンがメイン。阿蘇駅って、え、鉄道あるんだ、とか思いながら、大方のお客と同じく車で到着。

入り口から入るなり、異臭がいたします。
「……?」
ああ、なるほど。
異臭の原因。
いやいや、カドリードミニオンってくらいですから。


熊の大群がお出迎えなんですよ。
結構間近で見られるんです。そして、野生の香りがぷんぷんと。

ヒグマはでかいねーなどと言っていると、熊のエサを投げ始めるお客さんがいます。すると、ヒグマたちは、
「こっちだよー」
「俺はここだよー」
と、それぞれ手を上げたり振ったり大股開きで横になったりしてアピールするんです。自分からエサに突進したりしません。あくまで自分のところに飛んでくるのを待つスタイルです。
色々知恵つけるんですね。熊、結構利口ですもんね。

しかしこの野生の香りにはなかなか耐え難く、さっさと退散。子熊のいるブースで、しばしぬいぐるみのような愛らしい姿に見とれ、わんちゃんとのふれあい広場へ。

わんちゃんたちは、暑さのためかなりだれてましたが、感心するのは、これだけたくさんのわんちゃんがいるのに、広場内が非常に清潔なこと。そしてわんちゃんたちも、綺麗にしてもらっていて、触るのをはばかるようなべたべたな毛並みのわんちゃんは居ませんでした。
また、どの犬もしつけがきっちり入っていて、無駄吠えしたり無駄な喧嘩をおっぱじめたりする犬は居ませんでした。

さて、広場を出て少し歩くと、動物園にはちょいと似つかわしくない五重塔みたいなのが見えてきます。マップを見ると、「十二支苑」と、書いてあります。
周りもちょっと神社の参道みたいなところもあるし、元々はそういう寺とか神社とかだったの?と、思いましたが、ここって昔は「熊牧場十二支苑」って名前だったそうです。なんで熊牧場に十二支苑??って謎は残りますが、作った人が、店に神棚祭るのと同じような感じで建てたのかなあと想像。
池のど真ん中に五重塔が立っていて、橋を渡らないと五重塔には行けません。そして、池の中には十二の小さなお堂のような建物が取り巻いているというもの。風景としては中国っぽいですが、十二支はそもそも中国のものだから、それも当たり前?
五重塔の中には、ぐるりと十二の像が立ってます。それぞれの干支をつかさどる(らしい)菩薩像が奉られてるんです。
ってか、これって何の宗教なの??
私は、きちんとした宗教観を持たない人は信用しないし、何でもかんでも手を合わせるような日本人の感覚にはついて行けないのですが、この十二支苑、見れば見るほど不気味ですよ。何がしたいの?って感じです。こんな場所にパンくんは似合わないよー。

ということで、いそいそとみやざわ劇場へ移動。
かなり行列が出来ています。すごい人気です。

動物たちをここまで演じさせる人間側の努力、なかなかすごいと思います。ジェームスがナイスボケをかましてくれて、パンくんもそれに応じたりして(ジェームスにいきなりとび蹴りしたんですよw(☆o☆)w )、更にそこをすかさず突っ込む宮沢さんのおしゃべりが楽しく、ああ、ここに居る人たちは(動物たちは)プロだなあと思いました。


暑さに負けて、早々に引き上げましたが、そば街道ってのがあるとのことで、おそばを頂くことに。
北の家というお店に入りましたが、非常に美味でございました。西に行けば行くほどそばは美味しくないって思ってたのですが、どうしてどうして、素晴らしいものでした。

美しい景色と、美味しい食べ物。こういうところが、九州のいいところ、ですね。私、九州男児はあまり好かんとですが(似非方言)、この雄大な自然や、はっとするほど新鮮な食べ物は、やっぱり九州ならではのものかもしれません。
つい10日前ほどですが、引越しをしました。
私はまだ実家の荷物などが残っているので、最大で9月までだらだら荷物運びが続きそうな予感ですが、とにかく生活できるようにはなりました。

5月にマンション購入を決めて、その後はローンのことやら、保険のことやら、車のことやら、何かとあわただしく。

まあ、連れ合いがかなり頑張ったんですけど(ローンは主に彼が払うわけだし)。

冷蔵庫も電子レンジも洗濯機もテレビも、そのまま持ち込んでます。引越しをきっかけに買い換える人が多いんでしょうが、まあ贅沢は敵ですから。

テレビはさすがに、広くなったリビングに不釣合いなほどちっちゃくて古い感じです。やっぱこうなると液晶テレビ欲しいなあ、と思います。
まあ高価な買い物になるので、しばらく我慢我慢。

新居に入るにあたり、新たに購入した比較的高価なものは、エアコン・ソファ・カーテンでしょうか。
エアコンは各部屋につけたので、かなりの出費に。これは必要不可欠なものなので仕方ない。
ソファも、大きくなったフローリングのリビングで、何も無いってわけにはいかず、購入。マロン毛が散乱するため、布張りはあきらめて革張り。
カーテンなかったら部屋の中丸見え、ということで、これも必要不可欠なのですが、リビングと寝室の窓が規格外でオーダーメイド。特にリビングのカーテンはやたらでかくて参りました。

も、ここで限界です。これ以上出費できません。私仕事辞めるのに、そんな贅沢できません。

なので、恐らくこのマンションに引っ越した人たちの中で、一番質素な新居生活じゃないかと思っています(笑)。

私の9月退職も、正式に決まりました。
長いこと勤めた会社ですから、寂しさとかちょっぴり後ろ髪引かれる思いはあるのですが、これから新しい事を始めるときのいい原動力になると思っています。
ここでくすぶってたら、何のために会社辞めたんだ!って。


マロンは、新しい環境に少しずつ慣れてきたようです。
最初はなんだかうろうろと落ち着かず、何をするにも人の後をパタパタ追っかけてきていたのですが。
引っ越したその日から発情が始まって、早速フローリングを拭いて周ることになりました。そのせいもあるのか、なんとなく今までのマロンと違う感じ。
急にご飯に対する執着が薄れて、「よし!」って言ってもなかなかご飯に口をつけなかったり・・・・いや、最終的には完食するんですが。

新生活は、犬にも人間にも、ちょっとした緊張感を与えるもの、なのかも知れません。
仕事をやめようかな、と、思ってます。
十数年勤めた会社ですが、今後の自分のステップアップのためにも、これ以上ここにいる意味は無いかなあと。

それと、息切れした、と言うのも正直なところです。
体力の限界は、精神力の限界に繋がります。やっぱり年齢のせいかなあ。

年収一千万を軽々クリアできるような仕事を身につける、というのは、かねてからの目標ではあったのですが、仕事ばっかりになるのは嫌なのです。一千万あったって、有意義な使い道が無きゃ何の意味もない。

転機を待つのは止めて、自分で動かなきゃ。

私は正直「変化」を恐がるところがあって、大切な決断に時間を掛けすぎるときがあるのですが、もうこれ以上だらだらしていちゃいけない、と、重い腰が上がってきたところ。仕事のことはその延長で考えたことだけれども、これからその決断を下していくところです。

決意は固まりつつあります。
遅まきながら、母の日についてちょっと書いておきたくなりました。思いつくのが遅すぎです、私。

Mother's Dayでも、まろんはママに何もしてはくれません。そうね、ママはまろんの笑顔があればなんにも要らないし。

gw4


「そうでちか」


……う、うん。


まろんの天使の寝顔を見ながら「ああうちの子はなんてアホなんだろう」と、ため息をつく母の日。いいんだ、アホ面してたって。まろんは世界一かわいいよ。

たまにペットショップへ行って、子犬ちゃんがころころ走り回っているのを、
「わ?、ちっちゃ?い、かわい?い」
とか行って見ていますと、まろんはしーんとしてたり、まったくよそ見していたりして、なんとなくすねてるような気がしてきます。
そんな時には必ず、頭を撫でながら、
「ごめんごめん、あの子も確かにかわいいけど、まろんが世界一かわいいよ!まろんが一番だよ!」
と、猫なで声を出すママ。まろんは
「そ?ぉ?」
と、疑い深そうな顔していますが、まあそこはまろんなので、外へ出てしまえば、すねたことも何もかも全部無かったことになります。

まろんがママにプレゼントできるのは笑顔!であって、それが何より嬉しいものですが、人間の(しかもいい年こいた大人の)場合は、やっぱりそれなりに母に感謝の形を示さなくてはなりません。
そういうわけで、まろんと連れ合いがじゃれている間に、感謝の形を求めてまいりました。お財布を求めたのですが、革のキーホルダーもおまけについていて、少ない出費で豪華な「形」が表されることとなりました。そして、何やら福引もできると言うので挑戦したところ、まあ参加賞だったのですが、あいだみつおの言葉が印刷された石鹸皿と石鹸と言うものを頂戴し、3点まとめてプレゼント。
うやうやしく差し出されたプレゼントを「まあありがとう?」と、言いながら包みを開けた母、だま?って何かを見つめている、と、思ったら、福引の商品を先に開けてしまった模様。あいだみつお先生のありがたいお言葉をじーっと見つめておりました。
「あ、あ、ごめん、それは福引でもらったサイドディッシュだからさあ、先にこっち見て欲しかった」
とか、あたふたする出来の悪い娘。
お財布は若草色が絶妙でサイズも丁度よいぞ、と、自負していたので、
「わあ、いい色ねえ。お財布欲しかったのよ?」
と、母が喜ぶのを今度こそ得意満面で眺めておりました。昨年大腸ガン手術を乗り越えた母、まだまだこれからがガンとの闘いですが、彼女の生命力をもってすれば、恐らく何にも恐いものなんかないと思ってます。100歳まで生きてね、おかーさん。


道すがら、青年が赤いカーネーション1本持った右手を、背中に隠して歩いていく後姿を見かけました。カーネーションはラッピングなどされていなくて、本当に切ってそのまま持ってきました、と言うような風情でしたが、青年の背中に凛と揺れているカーネーション、なんとも美しい風景でした。きっと、お母様は、すごーく嬉しいんだろうなあと、思わず微笑んでしまった母の日です。

一輪の柔らかき笑み摘んできた渡す手なんとあたたかきこと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。