きらきら

わんこのお話からお仕事のお話からおいしいもののお話から。なんでもありあり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自殺のニュースが多いですね。
校長のパワハラによって、50代の男性教諭が自殺したというニュースを目にしました。ご家族が告訴をされるとか。

んー。
パワハラで、自殺、か。

いや、私もパワハラ反対です。
パワハラ受けてきた身ですし。

でも、最後は何とか解決しました。解決するまでほんとにきつかったです。あ、なので、別に退職した理由がパワハラってことじゃないんですよ。

価値観もあるので、なんとも言えませんし、ネットでのニュースだけでは情報量が少なすぎて、難しいのですが、でも、50代の立派な大人の男性が、人前で罵倒されてうつ病で自殺……うーん。本当にパワハラだけが理由なのかなあ。

その学校へ赴任したのが4月で、9月の頭に自殺されているということは、半年も無い中での出来事です。50代ともなればベテランの教諭で、色々な学校で様々な教師や保護者と関わってきたはず。そういう人が、校長に追い詰められて半年足らずで自殺って。なんとなく違和感有ります。

いや、分かりませんけど。
でも、引き金はそれだったのかも知れないけど、もうずっと積み重ねてきたストレスが有ったんじゃないのかなあ、と、思ってしまうのです。

中学生の自殺と、それに絡んだ学校教育のあり方みたいなものについて、色々と騒がしい世の中ですが、ほんと、教育者の育成にはもう少し力を入れるべきなのでしょうね。未来に生きる人たちの心をきちんと預かることの出来る教育者を育成できるかどうか。
また、教育者側のストレスの原因はどこにあって、どう解決していけばいいのか、も、議論が足りないところでしょうし。

なんだか、当たり前のことがないがしろにされて、斬新に見えて実は無益な意見ばかり取りざたされているような気がします。

昔、とある若者に「あなたの言っていることは当たり前のことばかりで、全然新鮮味のあるものじゃない」と、言われたことがあります。
私は問いました。「じゃああなたは、その当たり前のことを実行してきたの?」と。口先だけの斬新な意見が一体何を変えるというのか?しかも、斬新なんて言っていても、結局人をやり込めるためだけの薄っぺらい言葉でしかなかったりします。

正しいことを、正しいと言って、それが馬鹿にされたりしない社会が、早く作れればいいなあと、辛いニュースを見るたびに思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。